0
7月10日(木)


シンガポールで、身近な歴史・文化遺産を見直し、保存しようという動きが広がっている。国立大学の地理学者は若者たちとともに、通りの由来を調査し記録する活動を始めた。一方、狭い国土を効率的に開発して経済成長を遂げてきたシンガポールでは文化遺産の保存が難しい事情もある。ジレンマを抱えながらも独自の文化を残そうとする都市国家の取り組みを伝える。

http://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/lounge/140710.html

Post a Comment

Note: Only a member of this blog may post a comment.

 
Top